Ohanashi

∼ みんなのお話掲載板 ∼

↓Ohanashiカテゴリー↓

 
 ・コロナウイルスの話   new!!➡・面白い話 ・スカッとする話  ・感動した話  ・ほっこりする話  ・恋バナ  ・不思議な話  ・Twitter記事まとめ

 

切ない、私は学んだ、好きな物から食べよう

かなちゃん さん からの投稿

 

私も私の友だちも海老が大好きです。

そんな海老好きには堪らない、「期間限定でエビフライ定食の提供を開始したお店がある」という情報を聞きつけました。

いつも一緒に出かけたり、遊んだりしている、私の彼と友だちの旦那を誘った4人で、限定で提供しているランチタイムに、仲よくお店に行きました。

海老好きには堪らない定食は、一番のお目当ての25センチ級のジャンボ海老フライと、普通の海老フライ2本、キャベツの千切り、白米、味噌汁です。

メニューを見ながら、牡蠣フライとメンチカツの定食を選んだ彼に「メンチカツもいいね」と言うと、「海老と交換でどう?」と言われました。

「1本しかないジャンボ海老フライと交換は難しいよ」と言うと、彼は「普通の海老フライでいいよ」と言ってくれました。

そんなやり取りを見ていた友だち夫婦に「まるで夫婦漫才のようだね」と笑われてしまいました。

注文した定食が運ばれ、私の普通の海老フライと、彼のメンチカツを交換しました。

小さい頃から「野菜から食べなさい」と言われていた私の食べ方は、野菜から食べ始め、最後に好きな物を残していました。

そんな私は、「キャベツ多いね」とみんなに言いながら、山盛りの千切りキャベツから食べ始め、食べ終わると7割ほどお腹がいっぱいでした。

その後食べたメンチカツと白米、味噌汁を間もなく食べ終わるころ、箸を置いた私は「お腹いっぱい」と言いました。

「海老フライは食べないの?」と言う友だちに「食べたいけどお腹いっぱいで無理。お腹が切ない」と言い、海老フライのお皿を彼の方にずらしました。

彼に「何しに来たの?ジャンボ海老フライを食べたいから来たのに食べなくていいの?」と言われ、「1口食べるから、来た甲斐はあったよ」と言いました。

彼の方にずらしたお皿にあったジャンボ海老フライを「食べられないの?」と聞くと、苦笑いし「食べます」と言いました。

「お腹痛い。食べに来たはずのジャンボ海老フライを食べる前に、お腹いっぱいになって食べられない」、「『食べる?』と聞かないうちにお皿をずらすなんて流石だね」と大爆笑されました。

「一口サイズに切ってあげるよ」と彼に言うと、呆れた顔で「うん」と言い、私は新しい箸で一口サイズに切り始めましたが、海老と衣が3切れ目から離れてしまいました。

「こんな感じになっちゃったゴメンね」と言いながら、彼にジャンボ海老フライを見せた途端、「頬張って食べるからいいよ。食べられる分だけかじりな」と言ってくれました。

私が食べられる分だけ食べたあと、彼が頬張って残った全部を食べてくれました。

ランチを食べ終わると、「きょうも安定感のある夫婦漫才楽しかった。お腹いっぱいよりなぜお腹が痛いの」と笑いながら、友だち夫婦は車に乗り込みました。