Ohanashi

∼ みんなのお話掲載板 ∼

↓Ohanashiカテゴリー↓

 
 ・コロナウイルスの話   new!!➡・面白い話 ・スカッとする話  ・感動した話  ・ほっこりする話  ・恋バナ  ・不思議な話  ・Twitter記事まとめ

 

祖父母の家での嬉しい悩み

あきたか さん からの投稿

 

これはある夏の日、当時高校生だった私が祖父母の家に行ったときの話です。

祖父母の家に行くととても落ち着けてリフレッシュ出来るのですが、1つ嬉しい悩みがありました。

それが、次から次へと、ひっきりなしにご飯が出てくるというもの。

その日も例外ではなく、夜ご飯にすき焼き、揚げ物を食べた後に煮物、肉じゃが、ハンバーグなどが次々出てきて、当時の私のお腹は限界に達していました。

「もっもう食べれない…」

でも、不思議なもので夜寝る前くらいになると、不思議と小腹がすいてきたんです。

「アイスかなんか食べたいなー」

そう思った私は、祖母に、

「スーパーカップかなんかある??」

と、聞きました。

そうすると祖母は待ってましたと言わんばかりに、「ちょうど昨日買ってきたのよ!よかった用意しておいて」そう言い、スーパーカップを持ってきてくれました。

「さすがおばあちゃん!よく分かってる!!」

そう思いスーパーカップに目をやると、そこにあったのはアイスのスーパーカップではなく、カップラーメンのスーパーカップでした。(しかも当社比1.5倍のやつ)

「いやどんだけ食わすねん!!」

産まれも育ちも関東なのに、このときばかりは関西弁が出てしまいました。

最近はこのご時世上祖父母の家も行けてないので、当時のこの経験を懐かしく思います。