Ohanashi

面白い話などを載せています。

<インフォメーション😄📣️>

 

あなたが気に入るお話がキット見つかる!?かも🐧┏(<:)ニコッ

 

↓Ohanashiカテゴリー↓

 

54才オジサンと26才体育会系女子との恋バナ

f:id:mycanvas:20201022120137j:plain

 

フィッシュハンター さん からの投稿

 

私は入社30年生の技術者、いわゆる「オジサン」です。

県内に点在をする店舗を訪問をし現場指導をしたり実演をする仕事をしております。

長く勤務をしているので各拠点の社員達も顔見知りになり拠点のスタッフ達とプライベートな話や休日に同じ趣味を楽しんだりして過ごしておりました。

そんな私に、気になる新入社員の女性が出来てきました。

彼女は体育会大学を卒業をし体育の教師を目指していたらしいのですが心変わりなのか我社の営業として就職をしたらしいです。

私には彼女と同年代の娘がいるので娘と話すような感覚で接していたのですが、彼女の喋り方や仕草や仕事への取組み方が他の新人とは違い、まさに体育会女子の負けづ嫌いでした。

彼女の表情から仕事熱心なのはいいが、かなり無理をしていることも良くわかりました。

そして、親心として休日に他の社員とサイクリングへ行く予定があったので、私から声をかけたのが始まりでした。

彼女の営業成績が抜群なのも関係してかコミュニケーション能力も高く、初対面の者達とも、直ぐに打ち解け定期的に彼女を含めた仲間と休日を過ごしたのです。

そんな、仲間関係が今年で3年目になりました。

私には家族にやましい気持ちはなかったので私の娘や妻にも、その日の出来事を話していたのですが妻から「パパはその子のことが好きなんじゃないの?」と冗談半分で言われ娘からは「キモい」と貶され始めてから、たしかに彼女の事を意識している証拠なのか自宅で彼女の話題が多いことに気づいたのです。

そして、冷静に彼女の行動を思い起こすと飲み会の時には必ず私の隣に座り、カラオケでは酔って腕を組んできていました。

決定的なのはLineの返事は直ぐにくるし彼女からの「おやすみメール」も妻に自慢をしていましたが、私には「娘以上の感情はないはず」「妻や家族を裏切る行為など無縁」と思っていました。

ですが、今年はコロナ禍で集団行動をしていなかったのですが「サイクリングにつき合ってください」と言われ「早く彼氏をつくれ」とは言ったものの私の心に複雑な感情が芽生えてきたのです。

しかし、それも「親心」と思うようにしたのですが、今年の誕生日に彼女から手づくケーキを貰い、そのお礼にスポーツタオルを上げた時に彼女に告白されてしまいました。

しかし、私には妻子がいるし、何と言っても娘と同年代・・・「ありえない」と思いました。

その日だけは出先にて腕を組んで歩きました。

そして別れ際にキスをしてしまったのです。

うかつにも?懐かしい感情が産まれてしまったのは事実です。

そして、平常勤務をしておりますが、さすがに2人での行動を避けようとしておりますが、自分自身が「我慢している自分」もいるのが本音です。

もちろんキスをしたことは家族には秘密にしているし、2度目のキスもしていません。私は家族を愛しています。

それも事実でなのです・・・しかし・・・私がしっかりしないと・・・と思います。