Ohanashi

面白い話などを載せています。

<インフォメーション😄📣️>

 

あなたが気に入るお話がキット見つかる!?かも🐧┏(<:)ニコッ

 

↓Ohanashiカテゴリー↓

 

【ほっこりする話】一番の幸せ。

<スポンサーリンク>

f:id:mycanvas:20200804105117j:plain

※画像フリー素材PAKUTASO

 

ハートフル05 さん からの投稿

 

【ほっこりする話】一番の幸せ。

ある日、小学二年の娘が、意気揚々と家に帰ってきたときの話です。

「ただいま~、ねぇ、お母さん、聞いて、聞いて!」 と興奮冷めやらぬ様子で、話しかけてきます。

娘:「あのね、6年生を送る会で劇をやるの!」

私:「へぇ、じゃあ、〇子はなんの役?」

娘:「村人(照)」

そのお芝居と言うのが、童話「ないた赤おに。」というもので、村人とは言わば“その他大勢”なのです。

つづけて、

娘、:「でね、本当は違う担当だったのに、一生懸命交渉してくわの担当にしてもらったの(喜)」

くわの担当とは、鍬を使って畑を耕す演技をすることだそうで、

私:「じゃあ、本当は何の担当だったの?」

娘:「ん?たねまき(照)」

私には、鍬担当とたねまき担当に何の違いがあるかわかりませんし、「村人」がどれだけ重要な役なのかもわかりません。

ですが、娘にとっては大役だったのでしょう。

しかも、くわ担当。 娘は早速新聞紙を筒状にして鍬に見立て、畑を耕す演技の練習を始めていました。

そこで私は、「違う!もっと腰を入れて!」と演技指導を始めます。

傍から見ればきっとおかしな光景だったかもしれませんが、私と娘は大真面目でした。

子育てをしていると、自分の時間が持てないことが多く、行動範囲も制限され、時々息苦しくなってしまいます。

ですが、ふと気が付けば、こうゆう何気ない光景がきっと『一番の幸せ』なのだろうなあ、と実感できるようになった最近、息苦しさもどこかへ飛んでいってしまうと思えるように最近やっとなれました。

これからまだまだ続く子育てですが、日々の小さな幸せに感謝して、いつまでも、こうして子供とにんまり笑っていけたらいいな、と思う今日この頃です。