Ohanashi

面白い話などを載せています。

<インフォメーション😄📣️>

 

あなたが気に入るお話がキット見つかる!?かも🐧┏(<:)ニコッ

 

↓Ohanashiカテゴリー↓

 

【人気】【面白い話】真面目な母からの『デスメタル』な贈る言葉

f:id:mycanvas:20200630094224j:plain

※画像フリー素材PAKUTASO

 

匿名希望 さん からの投稿

 

【面白い話】真面目な母からの『デスメタル』な贈る言葉

長年暮らした田舎の実家から、就職のために上京することが決まった時の話です。

私は生まれ育った田舎の実家で両親と共に暮らし、仕事も実家から通っていました。

私の兄弟は県外に出てしまっていたため、両親が私との日々の時間を大切にしているのを感じていました。

しかし、私は田舎での暮らしよりも東京で暮らしたいという思いが募り、とうとうお金を貯めて実家を出ることに決めてしまいました。

両親は寂しいながらも、私の希望であれば応援すると、背中を押してくれました。

私は上京前に、両親に感謝を示したいと思い、普段あまり行かないようなフレンチのお店を予約して両親にご馳走してあげることにしました。

当日、フレンチのコースはとても美味しく、二人ともとても喜んでくれました。

プレゼントも用意していたので、両親は感動してくれたようでしたし、私もその姿を見て胸に迫るものがありました。

父はワインでほろ酔いになり、私が運転を代わって帰路につきました。

帰りの車の中、両親は上機嫌でカラオケに行きたいと言い出しました。

特に歌が上手いわけでもない両親ですが、カラオケに時々一緒に行くと夢中になって古き良き懐メロを歌うことがあります。

私も、今後両親とカラオケに行ける機会もないからと、最後に一緒に行って奢ってあげることにしました。

カラオケではいつものように、昭和の懐メロを歌う両親。

時間はすぐにすぎ、あと1曲で終わりにしようという時、モニター画面に最後の曲のタイトルが映し出されました。

「贈る言葉」でした。

あの金八先生で流れていた、武田鉄也が歌っていた、卒業式の定番ソングです。

私はその選曲に、母からの激励を感じ取り、急に目頭が熱くなってきました。

あの優しいメロディの前奏が始まったら、絶対に泣いてしまう、と思いながら待ち構えていた時です。

流れ始めたのは超アップテンポの激しいドラムの連打。

悪霊の悲鳴のような、エレキギターのメタリックな音色。

音量も異常な爆音です。

それは、贈る言葉のデスメタルバージョンでした。

私は母が、武田鉄也が歌った、あの優しいメロディの「贈る言葉」と間違えて、メタルバンドのカバー曲を入れてしまったということに気づきました。

流れかけた涙が瞬時に蒸発した私は、リモコンを取り上げて「演奏中止」を押そうとしました。

しかし、根が真面目な母親に、一度入れた曲を中止するという選択肢はないようでした。

恐ろしく早いドラムのビートに合わせ、恐ろしく高いキーに合わせ、

「くれなずむまちのー!ひかりとかげのなかー!たびゆくあなたにおくることばー!!」と、歌い出してしまったのです。

元々それほど歌が上手いわけではないおっとりした母が、金切りヴァイスでまくし立てる贈る言葉に、私と父は衝撃を受けました。

そして、発作的に腹の底から湧き上がる、窒息するかと思うほどの爆笑。

私と父は、母が「贈る言葉デスメタルバージョン」を懸命に歌うほどに、踏み潰された虫けらのようにイスに倒れ伏し、笑いで痙攣しました。

私の目にも、父の目にも予期せぬ涙が溢れていました。

そんな田舎の夜でした。