Ohanashi

面白い話などを載せています。

 

<インフォメーション😄📣️>

 

この夏どう過ごす🍋!?┏(<:)ニコッ

 

【面白い話】悲劇!?苦笑された在宅勤務経験談

お笑いブログ1位目指して奮闘中!! 2位じゃダメなんです( ノД`)シクシク… ポッチっとボタンを押してくれると喜びます♪

 

 
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

f:id:mycanvas:20200429153931j:plain

※画像フリー素材PAKUTASO

 

AsHg'80 さん からの投稿

 

【面白い話】悲劇!?苦笑された在宅勤務経験談 

世間が「 Stay home」 の風潮になって以降、

自分が勤める会社でも、なんとか在宅勤務が認められ、

そんな在宅勤務モードで自分が体験した、、、というよりは、

相手に苦笑された在宅勤務経験談をご紹介。

在宅勤務には欠かせないツールの電話会議。

しかし、使用には十分な注意が必要だと理解した話。

会議も終盤に差し掛かり会議内での重要決定事項について、

参加者と合意を得る段階に差し掛かったところで、

ワンルームマンションの自宅の呼び出しピンポンが鳴動した。

この重要なタイミングで行くわけにもいかなかったので、

留守モードで後日、自分から取りに行こうと思ったものの、

ピンポンを鳴らした当の本人であるご担当の方は、

「xxxさん(じぶんの苗字)!、お届け物です!!」 との大声連呼&ドアノックを連発しまくり。。。

ちょうど自分の発言タイミングだったこともあり、

マイクのミュートをしていなかったため、すぐにピンポンの鳴動元が当方の自宅であることが判明。

その後も、快調にピンポン連打&ノック&「xxxさん!!」の連呼が続き、

結局、会議中のスマホを片手に有り難く配送物を受け取った。

もちろん、会議の参加者は苦笑い、、、。

無事に合意を得ることは出来たものの、

在宅勤務モードで普段よりも若干緊張感が低くなったところで、

意表を突く緊張保持のきっかけとなった。