Life is beautiful ~by my canvas'sblog~

日々の『あれこれ』や、自分で撮影した『写真』などを紹介するブログのつもりです。

<インフォメーション😄📣️>

 

只今、メニューを工事中┏(<:)ニコッ

 

☆ MENU ☆

 

 

Paintings number24 ~翼~

f:id:mycanvas:20181119182136j:plain

鳥の羽。

 

◇お知らせℹ️

前回、「☆約100」ぐらいを獲得した『あの私』が、今宵帰ってくる!!

(前回ご覧下さった方、コメント・感想頂いた方、本当にありがとうございました。

私にとって、とても大切な☆99107・B1です。(追加で☆を頂きました♪感謝です**'v`*q)

また、私の猫の額ほどの想像力《猫の額に失礼かもしれませんが…、》では、

『私』の旅が早々と終了してしまう危険性がございます。

『私』を一緒に、想像力の旅に連れて行って頂ける方、募集しております。

皆様の心の中の『私』を、色々な世界に連れだしてみませんか。

連れ出しても良いと、お考えの心優しい方、コメントお待ちしております。)

 注)コメントは、私、mycanvasメンタルヘルス対策の為、「承認制」を採用させて頂いております。ご了承くださいませ。

 

~『私』~ episode2

せいさく:まいきゃんばす

すたっふ:マイキャンバス

しゃしん:mycanvas

おんがく:あなたの、ご想像にお任せ致します。

全てのmycanvasとあなたで、

お届けする物語。

~『私』~ episode2

☆本日の二言目☆より公開です。

 

ちなみに…、

よろしければ、こちらもどうぞ♪

~『私』~ episode1は、こちら↓

 

mycanvas.hatenablog.com

 

☆本日の二言目☆

「強く風をきる音がする。

いつの間に寝てしまったのだろうか。

私が無意識に寝てしまったのは、

このダウン(鳥の羽)の様に、暖かい寝床が原因だと気付き、寝床から出ようとした。

だが、何らかの圧力に負け寝床から出ることができない。

こんなことは、今までの人生で1度もない経験だ。

恐る恐る辺りを見渡し、現状を確認する。

私がいる場所、それは、

大空を羽ばたく1羽の鳥の上だった。

まぎれもなく本物のダウンの上、

私は小人になり、鳥の羽の上に乗っているのだ!

鳥が降下を開始し、

独特の浮遊感が私を包み終えた頃、

やっと身体が自由になり、

周りの景色を確認することが出来た。

そこは、水晶の様に輝く泉だった。

周りには多くの緑、

そして、近くにある間欠泉からは、

まるでパレードをするかの様に、楽しそうに水が踊っている。

泉では多くの鳥たちが、おいしそうに水を飲んでいるのが見えた。

遠くには、頭に雪の傘を被った雄大な高山が見える。

この泉の水は、あの山を通って湧き出た水なのだろうか?

そんなことを考えていると、

私は、この泉の名前をどうしても知りたくなり、鳥にたずねた。

おーい、おーい、茶色い鳥よ、この泉の名前を知っているなら教えておくれ。

鳥は答えてはくれなかった。

しかし、教えてもらう必要などないのだ。

私はもうすでに、この泉の名前を知っている。

水晶(クリスタル)、

間欠泉(ガイザー)、

高山の(アルパイン)、

泉(スプリング)…。

 

この泉の名前は…、

 

その瞬間、

ジリリリ、

現実を告げる音が、私の脳内に鳴り響き、

私は目覚めた…、

とても、喉が乾いていた、

そうだ、

小人になって旅してる場合じゃない。

お茶飲も(๑´ڡ`๑) 」

お茶も、お水も美味しいね☆♪

でも、出来れば水を飲んで欲しかった!!

喉を潤し活力を取り戻した私32歳(独身)!がんばれ私32歳(独身)!

次回作は、いつできることやら…。

『私』を応援よろしくお願い致します。

注)完全なる筆者の妄想です。

実在の人物や団体などとは関係ありません。

 

 Thank you for viewing till the last one.┏○Σ○┓イテッ!

I'll see you tomorrow.(:D)┓ペコリンチョ